CHECK

道具や材料が有ればDIYでも可能!?椅子の生地張替えにおける基礎知識を解説

当サイトでは道具や材料が有ればDIYでも可能な、椅子の生地張替えにおける基礎知識を解説しています。
大切な家具を長く愛用するために、修理を検討しているのならぜひ参考にしてみてください。
生地を取り換える場合に必須のタッカーは手動タイプもあるのが特徴です。
事前に道具を揃えておくのがおすすめです。
座ることに問題がないなら、生地を変えるだけで新しいインテリアに生まれ変わるでしょう。
気になるところを直して、長く活用できるようになります。

道具や材料が有ればDIYでも可能!?椅子の生地張替えにおける基礎知識を解説

椅子の張替えはDIYできるのか、という疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
椅子の座面などの古い生地を剥がして、新しいものに交換することは自分ですることも可能です。
椅子の張替えの手順はまず古い生地を剥がすことから始めます。
そして新しい生地を準備し、それを仮止めしていきます。
その後実際にタッカーを用いて留めていき、完成させる流れです。
角の部分が違和感なく自然になるように留めることが、仕上がりのポイントになります。

椅子の生地張替えにあると便利な道具とは?

近年はDIYが流行しており、椅子の張替えも自分でやってみたいという人もいるでしょう。
椅子の張替えを上手に行うためには、便利な道具を揃えることが大事です。
準備したい道具の基本としては、ネジやステープルを外すためのドライバーやニッパー、ウレタンスポンジを切るための裁ちばさみがあげられます。
ウレタンスポンジは普通のハサミでは切りにくいため、裁ちばさみがおすすめです。
その他、カッターや金づちも必要になります。
これらは一般家庭にもありますが、もう1つ用意したいのはタッカーとステープルです。
タッカーは座面に生地を張る時に必要な工具で、ホッチキスの要領でステープルを固定できます。
手動と電動の2種類がありますが、DIYなら手動のもので十分です。
ホームセンターなどで購入できるので、探してみると良いでしょう。
張替え作業自体はそれほど難しくないため、コツを掴めば行うことができます。
家具屋さんに頼むより費用もお得です。

椅子の座面の生地張替えは布生地やウレタンチップスポンジなどのクッション材を使用する

椅子に座る上で大切なことは、長時間座っても身体に負担がかからず圧迫による苦痛を与えないようにすることがポイントです。
もっとも椅子の座面は座る上で、一番負荷がかかる部分で長い時間、座っていると腰や足などを痛めてしまう恐れがあります。
体重の負荷がそのまま座面にかかってしまうので、できる限りその体圧を分散させる取り組みが重要です。
座面を座りやすいようにするためには、布生地とウレタンチップを利用したクッション材を使用すると良く、それによって負荷を抑えることができます。
布生地では体の蒸れを吸収することができ、ウレタンチップスポンジは体圧を分散させる効果が期待でき、負荷を抑えることができます。
つまり生地の張替えを行う上での必須のアイテムになり、それを利用するだけで優れた椅子に生まれ変わらせることが可能です。
クッション材の入手は、ホームセンターの他、ネットでも可能で生地のデザインに拘る事で独自の椅子にすることもできます。

椅子の生地張替えはタッカーとステープルが必要

椅子の張替え作業は比較的楽であり、順番を追うことで気軽に行うことができるDIYでもあります。
張替えではあると便利な道具が多数ありますが、その中でも重要なのがタッカーとステープルになります。
椅子の場合、まず最初にドライバーやニッパーを使用してもともとの生地とスポンジを取り除き、その後新たにスポンジとお気に入りの布をつけていきます。
布やスポンジは縫って止めたり、接着剤で止めたりすることもあるのですが、椅子自体が木など硬いものでできているためより強度の高いものを使用しなくてはなりません。
そこで必要なのがタッカーとステープルです。
この2つは木工のDIYに必要な工具でありホチキスのような役割があります。
コの字型の針がそのまま刺さるのが特徴であり、工具そのものもさほど高価ではないので、揃えやすいものの一つです。
椅子の場合1脚につき30か所ほど打ち付ける必要があるので、ステープルの数も多めに用意しておくと良いでしょう。

椅子の張替えで生地を止めているタッカーの針を外すときはマイナスドライバーで代用可能

椅子の張替えをDIYで行う方も多く、使う道具にはタッカーがあり手動式であれば2,000円以内で購入できる工具なので負担に感じることはありません。
張替え用の生地やレザーなどをお気に入りの資材を探して購入した際には、綺麗に張れるように一時的にタッカーで仮止めをするテクニックも使えます。
通常は椅子の見えない部分や裏側でタッカーで固定をする方法ですが、仮止めでもやり直しでもタッカーを外す作業が必要とされた場合、普通のマイナスドライバーで代用することができます。
マイナスドライバーにもサイズ違いがありますが、椅子の張り替え作業の場合は先端が比較的小さく、薄い工具が向いています。
もしも自宅に無いという方であれば、お近くの100円ショップでも販売されているので、椅子の張替えをする際には事前に準備をしておくと完璧です。
タッカーはグリップ部分が大きいので特殊な工具と感じる場合もありますが、実際には針の部分はホッチキスの大型版になるのでマイナスドライバーがあれば十分に代用品として役立ちます。

椅子に関する情報サイト
椅子の生地張替えをDIYで!

当サイトでは道具や材料が有ればDIYでも可能な、椅子の生地張替えにおける基礎知識を解説しています。
大切な家具を長く愛用するために、修理を検討しているのならぜひ参考にしてみてください。
生地を取り換える場合に必須のタッカーは手動タイプもあるのが特徴です。
事前に道具を揃えておくのがおすすめです。
座ることに問題がないなら、生地を変えるだけで新しいインテリアに生まれ変わるでしょう。
気になるところを直して、長く活用できるようになります。

Search